蓄膿症では、以下のような薬が処方されます。 ・抗菌薬 ・マクロライド系抗生物質 ・粘液調整剤 ・消炎酵素剤 抗菌薬は、病原体の消滅を目的とする薬で、急性の蓄膿症に使用されることが多いです。 フロモックスやセフゾン、ファロム、メイアクト、バナンといった薬が抗菌薬に分類されるでしょう。 マクロライド系抗生物質とは、慢性的な蓄膿症の時に行われるマクロライド長期少量投与療法で使用される薬のことです。 主に、エリスロシンやエリスロシンDSなどの薬が使用されます。 粘液調整剤は、鼻汁を改善させる作用を持つ薬のことで、ムコダインやチスタニンといったものがよく処方されるでしょう。 この薬には、副作用が起こる可能性が低いというメリットがあります。 消炎酵素剤は、炎症を抑えたり、鼻汁を改善させる作用を持つ薬です。 ノイチームやレフトーゼなどの薬が消炎酵素剤に分類され、副作用はほとんどないといえるでしょう。 ただ、消炎酵素剤はその効果もそれほど強くありませんから、場合によっては症状が改善しないこともあるかもしれません。